Weekly IT CAMPの評判について徹底解説!メリット・デメリットは?

プログラミングスクール

皆様はWeekly IT CAMPをご存じでしょうか?Weekly IT CAMPは最短2週間から受講可能な未経験からエンジニアになる為のIT留学ができるプログラミングスクールとなります。

海外での就職、IT業界への就職、フリーランスとしての独立、など目的に合わせて学ぶことができます。

スクールの特徴

教室はベトナムのダナンです。

リゾートとしても有名な場所となります。

1クラスは多くても10人となり、授業は日本語で行いますので、英語が喋れないという人でも安心していくことができます。

メリット

・日本よりもプログラミング教育に力を入れているベトナムでエンジニアになる為の研修が行われる
・週末に普段の生活は異なる息抜きができる環境がある

・将来海外で働きたいと思っている人にはピッタリで、海外で働くイメージもつきやすくなります。

なにより、プログラミングを学びに海外まで来ているので、必然的にプログラミングの勉強に身がはいります。

デメリット

・航空券(往復)
・ノートPC
・Adobe系アプリケーション
・空港送迎
・飲食代
・休日の異動交通費用
・現地SIM・Pocket WiFi等
・海外旅行保険
・VISA延長代(15日以上滞在者必須)

上記の内容は各自用意をする必要があります。

長めの海外旅行にいくといった認識になるので、費用として航空券の代金が一番大きくなります。

ノートPCを持っていない方はそれも別途で発生がします。

学べる内容

学べること

2つのコースに分かれていて

・WEBデザインコース
・エンジニアコース

から選択ができます。エンジニアコースでは

Ruby・Ruby on Railas・Docker・Git・HTML・Javascript・CSS・MySQL・PostgreSQL

基本的なプログラミングが網羅されていてますが

これをたった2週間でマスターするのは難しいでしょう

ゴール

WEBや開発の基礎を学ぶ。簡単なWEBアプリの開発ができるようになることとなります

2週間の場合

エンジニアとしてのスキルやマインド、簡単なウェブサービスを作ることができるようになります。

4週間の場合

ウェブサービスの本格的な実装や制作ができるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今はコロナの影響で海外に行くのは少し難しい状況ですが

コロナが落ち着いたら本腰をいれてプログラミングを勉強したい、海外の仕事を肌で感じてみたいという人にとってはピッタリの環境だと思います。

気になる方はぜひ一度説明会へ参加をするのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました