リフトアップに効果大!ディオクリニックで人気の医療ハイフ(HIFU)のメリット&デメリットについて

モデルさんや美意識が高い女性の間で人気の医療ハイフ(HIFU)!ひそかに気になっている方も多いと思いますが、「肌にどんな効果があるの?」「どれくらいで効果が表れるの?」と疑問もつきませんよね。そこで今回は話題の医療ハイフの施術効果やメリット・デメリット、副作用まで詳しく解説いたします。最後におすすめのクリニックも紹介しているので、医療用ハイフに興味がある方はぜひご一読ください。

医療ハイフの効果

ハイフ(HIFU)とは、高密度の超音波を用いたリフトアップ施術です。主に小顔治療に用いられる施術方法で、まずは集約した超音波をフェイスラインの筋膜・脂肪層・コラーゲン層へそれぞれ照射。すると患部が修復されていく過程でお肌が引き上げられ、フェイスラインがキュッと引き締まります。メスを使わないフェイスリフトとして、美容皮膚科やメディカルダイエットクリニックの中でも特に人気のある施術方法です。
医療ハイフにはリフトアップ効果以外に、肌の潤いやハリ感がアップする効果も期待できます。これは、医療ハイフに肌のコーラゲン生成を促す作用があり、肌の弾力が増すためです。また、医療ハイフ治療を受け続けると肌のターンオーバーが整うので、「肌質が改善した」という口コミも少なくありません。

医療ハイフとエステ用ハイフの違い

ハイフはエステサロンのメニューとして用意されていることもあります。クリニックと比べてリーズナブルなこともあるので「エステでハイフを受けよう」と考えている方も多いのですが、実は医療用ハイフとエステ用ハイフはほとんど別物といっても過言ではありません。
まず最も大きな違いは、出力の強さです。本来ハイフは医療従事者が安全面に十分配慮して行う”治療”の1つ。エステサロンには医療資格を持つスタッフがいないので、最大出力の弱いハイフ機器しか扱うことができません。ハイフにおいては出力の強さに比例して施術効果も大きくなるので、エステ用ハイフは医療ハイフと比べてリフトアップ効果が表れづらいと言えるでしょう。
また、ハイフ機器を効果的に扱うためには解剖学をはじめとした医療知識が不可欠。ただフェイスラインに機器を当てるだけではかえって逆効果になる可能性もあるので、医療従事者が施術を行うクリニックの方が安全で効果も高いのです。

医療ハイフ機器の種類について

医療ハイフで用いられている機器にはいくつか種類があります。今回は代表的な機器について解説しましょう。

ウルセラシステム

「ウルセラシステム」はアメリカのウルセラ者が開発したハイフ機器で、ハイフ施術が一般に広まるきっかけにもなったマシンです。アメリカの行政機関FDAにも「リフトアップ効果あり」と認められ、承認を受けています。
ウルセラシステムは非常にハイパワーでの施術が可能で、現在でもトップクラスの出力を誇るとされています。しかし出力が強い分、施術中に痛みを感じることも少なくありません。最高峰のマシンと呼ばれるだけあり施術にかかる費用も高く、コスト面では後発のマシンに押され気味でもあります。

コントレックス

韓国製の医療用ハイフで、痛みの少なさに定評があります。また、施術効果が半年~1年程度持続するのも特徴です。

ウルトラセルQ+

こちらも韓国製のハイフ機器で、照射スピードが高く短時間での施術が可能です。また、こちらにはボディ用のカートリッジも備わっており、よりさまざまなお悩みに対応できます。照射エネルギーを調整しやすく、痛みが少ないのも特徴です。

医療ハイフのメリット・デメリット

ここからは医療ハイフのメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

医療ハイフのメリット

医療ハイフの最大のメリットは、やはりメスを使わずリフトアップ効果を得られることでしょう。従来のリフトアップ施術は皮膚の中に糸を挿入したりと皮膚を切る必要がありましたが、医療ハイフなら外側から機器を当てるだけでお肌が引き上げられます。施術後にお肌が腫れることもないので、ダウンタイムを考慮する必要もありません。
また、医療ハイフはエステと比べ施術効果や安全性が高いのもメリット。施術は医療資格を持ったスタッフが行うので、肌へのリスクが低く思わず怪我や炎症を防ぐことができます。

医療ハイフのデメリット

医療ハイフの施術効果は半永久的なものではなく、時間が経つに連れて元に戻ったように感じてしまいます。施術を受けた意味がなくなるわけではありませんが、肌のたるみは日々進行していくので、だんだんと元の状態に近づいていくのです。効果を持続させるためには定期的に通い続ける必要があるので、時間やお金の負担が大きいと感じる方もいるでしょう。また、効果には個人差があり、リフトアップ効果を実感できない場合もあります。そういった場合は出力を調整したり、いくつかの施術を組み合わせるといった対処方法が取られます。肌との相性を見極めるためにも、まずは1度だけ施術を受けてみましょう。

医療ハイフの効果があらわれるのは何日後?

医療ハイフを受けると、施術後すぐに肌の変化を感じる方がほとんどです。その後肌の修復が進むにつれてフェイスラインが引きあがっていき、だいたい1ヵ月くらいでリフトアップ効果があらわれると言われています。しかし効果には個人差があるので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

医療ハイフの施術間隔

さきほどご説明した通り、医療ハイフの効果を持続させるためには定期的な施術が必要です。ではどのくらいの間隔で通えば良いのかというと、だいたい2~3ヵ月に1度のペースがベストと言われています。しかしこれにも個人差があるので、医師やスタッフと相談しながら一人ひとりに最適なペースを掴んでいくと良いでしょう。
また、そんなに頻繁に通えないという場合はパーティーや旅行など「ここぞ!」という時にだけ施術を受けるのもおすすめです。実際に晴れの日に向けて美容院やネイルサロンに行くのと同じ感覚で、医療ハイフでお顔の印象をアップしている方もいます。ぜひご自分にとって無理のない範囲で、医療ハイフを活用してみてください。

医療ハイフに副作用はある?

医療用ハイフ機器に限った話ではありませんが、ハイフにはいくつかの副作用があります。まず最も多いのが、肌に赤みが出るケースです。施術直後にほんのりとした赤みが出る方は少なくありませんが、通常はすぐに赤みが引いて元の肌色に戻っていきます。しかし、体質的に赤みがでやすい方は症状が長引く可能性も。
また、水ぶくれや肌荒れ、やけどといった副作用も報告されています。これらの副作用は、主に出力の上げ過ぎが原因です。どの副作用も可能性はごくわずかではありますが、やはり肌への影響を考えると不安になってしまいますよね。そういった意味でも、ハイフを受けるならエステよりもクリニックの方が断然安心です。万が一症状が表れた場合も、クリニックならすぐに適切な処置を受けることができます。

医療ハイフはこんな人におすすめ!

・肌のたるみやシワが気になる
・小顔になりたい
・ダウンタイムの関係でメスを使う施術は受けられない
・定期的に施術に通える

医療ハイフが受けられる医療ダイエットの専門外来「ディオクリニック」

医療ハイフをどこで受けようか迷っている方には、医療ダイエット専門外来の「ディオクリニック」がおすすめです。
ディオクリニックは業界では類を見ない、3ヵ月間の短期集中プログラムで話題のクリニック!世界中でダイエット効果が認められたあらゆる痩身医療機器・注射・ダイエット薬を組み合わせ、短期間で効率的・健康的に痩せることを目指します。
ディオクリニックで採用している医療ハイフ機器は、ハイフ機器のパイオニアである「ウルセラシステム」のデメリットをすべて克服した最新マシンです!欠点であった痛みの強さとコストの高さが解消され、痛みが少なくリーズナブルな施術を提供しています。
また、医療ハイフに加えて、ラジオ波で脂肪細胞を撃退する「サーマメディカル」や余分な脂肪へピンポイントにアプローチする「脂肪溶解注射」を組み合わせた小顔特化メニュー「ドクターズ小顔治療プログラム」も用意されています。
「医療ハイフだけじゃ心許ない……」という方はぜひ検討してみてくださいね。

コース・料金

■全身完全医療ダイエットプログラム/月39,200円→19,600円~(OPEN特別価格50%オフ)
■医療痩身ボディメイクプログラム /月25,400円→15,200円~(OPEN特別価格40%オフ)
■ドクターズ小顔治療プログラム  /月16,800円→10,900円~(OPEN特別価格35%オフ)

店舗情報

まとめ

医療ハイフは高密度超音波を使ったメスのいらないリフトアップ施術!周りの組織にダメージを与えないのでダウンタイムを取る必要がなく、人前に出る機会の多い方も気軽に施術を受けられます。医療従事者が操作する医療用ハイフ機器は高出力の照射が可能で、リフトアップ効果と安全性の高さは折り紙付き。万が一副作用が起きた場合のことも考えて、ハイフを受ける方は信頼できるクリニックを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました