Google Apps Script(GAS)の始め方を徹底解説

業務効率化

前回のお話しでGASでできることを説明させていただきました。

まずはGASの使い方の始めかたから解説します。

まずはグーグルアカウントの開設をしてください。
グーグルアカウントをもっていれば利用をすることができます。

①グーグルドライブにログイン

グーグルドライブと検索してクリックをしていただくと下図のような画面になります。(個人の方はパーソナルでアクセス)

ログインをすると、下図のようになります。

新規ボタンをクリックしその他を開きます。

Google Apps Scriptがインストールについて

上図に表示がされていない場合インストールがされていませんのでアプリ追加からアプリを探して追加をしましょう

インストールをクリックする

続行をクリックしてアカウントの確認をします。

インストールするアカウントを選択すると、そのアカウントでインストールがされます。

インストール後下記のように確認をすることができます。

GoogleApps Scriptの起動画面について

GASを開くと下図のような形で見えます。

GASはすべて上図のエディタから作成をするkとができます。

スプレッドシートを作成の仕方

それでは上図のような形で入力をしてみてください。

これはスプレッドシートを作成する命令文となります。

画面上部にある無題のプロジェクトがあると思いますが、この欄は好きに変更していただいて部にある無題のプロジェクトがあると思いますが、この欄は好きに変更していただいて問題ございません。

わかりやすくスプレッドシート作成等がおすすめです。

1行目のmyFunctionは関数名となり。実行する内容に合わせて書き換えるとプロジェクトが増えたときにわかりやすくするのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか

今回はGoogle Apps Scriptの始め方から解説をさせていただきました。

まずはこの設定から始めてGASの世界を触れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました