プログラミングの条件分岐を解説

条件分岐の理解の仕方

プログラミングをする上で必須となる条件分岐

条件分岐をイメージするにはマニュアルをイメージするのがおすすめです。

業務や家電のマニュアルを見ていると、特定の状況のときだけ読めばいい部分ってありますよね。

それが条件分岐となります。

例として

紙幣とコインが混ざっていたら

紙幣から先に渡す。

紙幣が2枚以上だったら

お客さんに確認してもらう

次にコインを渡す。

上記のようなこととなります。

プログラムに気の利いたことをさせようとするには、条件分岐は欠かせません。分岐が多くなると流れを把握しづらくなるのでフローチャートという流れの図を書いて整理をします。

true(真)とfalese(偽)について

条件分岐のためにまず覚えておくことが

trueとfaleseです。

trueは日本語で真と書き、条件を満たした状態のことを表します。

faleseはその逆で日本語で偽と書き、条件を満たしていない状態のことをさします。

javascriptにはtrueかfaleseのどちからを返す関数やメソッド演算子があり

これらを組み合わせて様々な条件分岐を使っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました